勉強法を選ぶ

看板

我が子が英語を話せるようにしたいと考えている親御さんは多いと思います。
実際、幼児の時から英会話教室に通っているという家庭は増えています。
確かに、英語に触れるのは幼少のころからが良いとされています。
発音は幼児からのほうが格段に良くなります。
幼児のころからたくさんの英語を耳にして、発音することは将来のためにとても良いことです。
このように、幼児からの英語教育は効果があります。
そのために英会話教室に通う子供たちは増えています。
ただ、英語力が上がるかどうかは各家庭での学習も必要になってきます。
週1回や2回の英会話教室で学習したからといって話せるようになるわけではありません。
毎日家庭でも勉強する必要があります。

家庭での勉強の必要性を述べました。言語は継続性が必要なのです。
当然ですが家庭では英語を話す機会はありません。親との会話は日本語ですし、テレビも日本語です。
いくら英会話教室で学習して、リスニング力が向上してもすぐに後退してしまいます。そうならないためにも、毎日家庭でも学習する必要があるのです。
そうすることで英会話は身に付くようになります。親御さんは教室に通わせて安心してしまいがちです。
通ってさえいれば話せるようになると考えてしまいます。そう思う気持ちは分かりますが、言語を覚えるのは大変な努力が必要になるのです。
家庭での学習が大きな比重を占めています。教室で学習したことを家庭でも復習しながら着実に身に着けていくことが必要です。